お寺について

DSC_0455IMG_0872

「有重不動尊」新成田山覚盛寺は真言宗豊山派に所属するお寺です。墓地や檀家は無く、信者さんの信仰により支えられてきました。初代 覚盛和尚の開山で出来たお寺で、専ら加持祈祷の効験で知られたそうです。二代 泰盛和尚の遷化の後に無住となり、その後は真言宗豊山派宗務総長の預かりとなっていましたが、現在の住職は第五世 佐久間秀紘です。

初代 蒲原覚盛上人は中年の頃に難病に罹り、医薬の効なく悲嘆に暮れていましたが、弘法大師を信仰し佐賀新四国や篠栗霊場を参拝するうちに御陰を頂き病気が平癒したそうです。覚盛上人はこの不思議によって更に信仰を深め、また仏のお慈悲に感謝するため守り本尊であった不動明王に一心に祈りを捧げていたところ、病気が治ってから五年後の大正十四年二月二十三日に不動尊から透視霊感および利剣の霊気術を授けられました。上人はこの加持力によって難病に苦しむ人を救い、不運に悩む人を導くようになり、序々に信徒が集まるようになりました。そして佐賀県鹿島市の誕生院にて当時の住職 小林正盛大僧正(総本山長谷寺第六十六世化主)の弟子となり正式に僧侶となりました。昭和二年には三間×五間の本堂が落慶し更に多くの信徒が集まるようになりましたが、これもついに手狭となるに及び昭和十五年に七間四面の現本堂が建立されました。

不動の利剣による御加持の効験は広く県外にも聞こえ、大祭の時には数百人からの信徒で本堂は一杯になったとのことです。当山の本尊不動明王が利剣を振り上げた独特のお姿をしておられるのは、覚盛上人が感得されたものであり、覚盛上人ご自身が御加持をする時の姿でもあるのです。

お寺について」への1件のフィードバック

  1. 細谷 守澄

    出羽三山神社 山伏仲間の者です。ご住職のご活躍を心よりご祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。
    この度は、新年護摩祈祷へ参集出来ませんが、御札のみ御祈願させていただきます。
    皆々様の幸多き事、御念じ申し上げます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です