不動明王とは

IMG_0761 不動明王は密教における根本本尊である大日如来の変化したお姿で、あらゆる煩悩・障礙・魔類を退け、修行者や仏教信者を守護する力と慈悲とを兼ね備えた仏様です。そのお姿は忿怒の形相で悪を威嚇し、煩悩を断ちきる智慧の剣と迷える衆生を縛る縄を持っています。背後に見える火炎は悪魔・煩悩を焼き尽くす光明です。修行者を助けるためにいつでも働けるように褌姿です。揺るぎない菩提心(覚りを求める心)を表すために大盤石の上に居られます。本当は大日如来と同体なのですが、仏様に仕える心を示すために頭上に蓮華を載せています。

恐ろしいお姿の裏には迷い苦しむ衆生を救う慈悲を常に秘め、いつでも何処でも共に居てくれる心強い仏様です。「不動」とは揺るがない菩提心であり、常に信ずる者の側に居ることを意味します。

不安なとき、迷ったとき、生きる力が欲しいとき、どうぞお不動様を念じて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です