月別アーカイブ: 2018年3月

東日本大震災7年目

去る3月11日は陸前高田から宮古と震災受難物故者の慰霊と復興祈願に行って参りました。午前中は大学時代からの法友である松景院住職が陸前高田金剛寺様の境内で海に向かい露地護摩を修法致しました。真言宗智山派岩手青年会、真言宗醍醐派青年会、真言宗豊山派の各有志と松景院所属の山伏衆が助法し厳修致しました。午後2時からは金剛寺からすぐ側の泉増寺にて慰霊法要。夕方には宮古の道の駅にて長根寺様ご住職を中心とする慰霊供養に参加させて頂きました。復興が進んでいるところもありますが、まだ先が見えない部分もあるようで、まだ過去のことにしてはいけないと実感致しました。比較的穏やかな天候でしたが風は冷たく、暗くなった海辺では「あの日」津波に呑まれた方々の気持ちは如何ばかりかと思いました。被災地では未だ喪中の感覚が残っているようでした。