月別アーカイブ: 2016年6月

夏越の祓い

日本では古来から6月の晦日に「夏越しの祓い」を行う伝統があります。神社では大祓を唱え、茅の輪くぐりをして今年の前半の罪穢れと疫を祓います。
この意味合いも合わせて6月の縁日護摩で大祓を致しましょう!

IMG_0872cropped-130428_1638071.jpg

『光明』夏号

13428584_1797389303839997_5898680088730345122_n

宗派発行の檀信徒向け機関紙『光明』夏号が届きました。今回で第200号です。創刊50年も記念した特大号で、ビートたけしさんのインタビュー記事も載っています。6月の縁日にお詣りの方に配ります。

6月の縁日護摩

DSC_025611890949_1686150451630550_4973107203015050187_nDSC_0420

6月の縁日護摩は通常通り28日午後1時から行います。

ちなみに、6月15日は弘法大師のお誕生日で「青葉まつり」として知られていますが、17日は興教大師覚鑁上人のお誕生日です。覚鑁上人は真言宗中興の祖と仰がれる方で、新義真言宗(豊山派・智山派・根来山など)では特に大切なお祖師様です。佐賀(肥前国)出身のお坊様で天皇より大師号を賜ったのは覚鑁上人だけです。有重不動覚盛寺は鹿島誕生院に弟子に入られた覚盛和尚が開いたお寺ですので、覚鑁上人の大きなご尊像もお祀りしているのです。

お護摩にお参りの際には興教大師覚鑁上人にもお参りください。