月別アーカイブ: 2014年9月

傳法灌頂

DSC_038514111173199691411117330582

先日、住職は新潟県刈羽村にある善照寺道場にて開壇された傳法灌頂にて阿闍梨を勤めて参りました。9月15日から18日までの日程で七会の灌頂が行われました。住職はこのうち第五会で阿闍梨を勤め、加行を終えた若い僧侶一人に大日如来の印と真言を授けました。

真言宗ではこの傳法灌頂の儀式で大切な法脈を伝えて行きます。 私も若いときに授けて頂き一人前の僧侶となり更に修行を続けてきました。そしてこのたび授ける立場になりました。これで修行が終わるわけではありませんが、いわばお大師様の代わりを形だけでもさせて頂いたことになります。後輩達が育っていくのを 見てゆけるのも嬉しいことですし、自分もさらに精進してゆく覚悟が出来ました。有難いことです。

 

 

 

 

 

屋根が傷み、雨漏りがひどくなっています

DSC_0359DSC_0356DSC_0355以前にも投稿いたしましたが、本堂・庫裏・客殿の老朽化が進み雨漏りがひどくなっております。庫裏客殿は追って解体する予定ですが、本堂はできるだけ早く屋根の改修をしないと内陣が水浸しとなり本尊様が濡れてしまいます。当山は檀家を持たない祈願寺なので、ご信徒や有縁の方々のお志におすがりするより方法がありません。覚盛和尚が開いた「有重不動」を護持するため、住職も知恵を絞り努力いたしますが、皆様もどうかお力をお貸しください。お願いいたします。合掌

DSC_0354